中国で子育てするママさんパパさん達のブログ&サイトのリンク集です。中国子育てに関する口コミ情報、リンク募集中です!
メインメニュー
お知らせ
広告など





















   
  中国で子育てブログをお持ちの方に、リンク集への参加のお誘いをさせて
いただいています。 (ご興味がない場合は大変失礼しました)
中国でのいろんな子育ての様子が見られるサイトをめざしています。
より多くのブロガーさんのご参加をお待ちしています!→ リンク集に追加

切り抜き詳細

発行日時
2017/4/21 15:51
見出し
【蘇州】子供がとびひになり大変でした
リンクURL
http://ameblo.jp/pino193/entry-12267302716.html 【蘇州】子供がとびひになり大変でしたへの外部リンク
記事詳細


またしばらく蘇州の話に戻ります。

まだ書きたかった事が色々残ってて(^^;)

あちこち飛んでスミマセン〜汗



今日はとびひの話です。
ちょっと長いです。
そして最後に症状の写真がありますので苦手な方はスルーしてくださいね。



*****


今月に入り、また長女が少し身体を痒がるように。
あぁこの季節。


蘇州に行く方でも、皮膚が弱い方もいらっしゃると思います。

蘇州は生活しやすい街だけど、日本人が頼りにしてる森茂診療所は内科を中心としたクリニック、なのであと良い皮膚科があったらなぁ〜!といつも思ってました。
あと耳鼻科も。。あ、あと外科も、あと眼科も。。あと、、、笑




長女は小さい頃からアトピーがあり
と言っても一年中ひどい感じではなく
波があります。


アトピーって、乾燥からくる肌の水分不足、
というイメージが強いので冬の方がカサカサ痒くて酷いように思いますが、娘の場合、暖かさと湿気、これがかなりの天敵なのです。


身体が温まると自然と痒くなり始め、汗をかくとまた痒くなる。
毎年春になるとボリボリし始め、6月がピークになります。

で、また今年も、暖かくなり始めてから夜中に無意識に掻いたりするようになりました。

こうなると、ドキッとすることがあります。

それは去年初めてやった、とびひ。



去年の9月頃、足をしばらく痒がってたんですが
それがどうやら悪化してとびひになったらしく。


とびひって、なった事ありますか?

当時、うちは誰も経験なくて、全然知らなかったんです、どんなものか。
汁が移って周りにもっていう説明?は知識として知ってはいたけど、こんな酷い事になるなんて!

というか、真っ白な足にある日とびひができたらすぐわかるんでしょうけど、アトピーで搔き痕があるところにその一つから汁が出たので、とびひが少しずつ広がっても 「あれ?なんかアトピー酷くなってきたね、、」 と気付かず、そんな事言ってる数日のうちにみるみる広がり!
学校でお友達や他のママさんからも 「あらまぁどうしたの!」と言われるようになっちゃった。

参考までに、最後に写真載せますね。



で、私知らなかったんですが、
とびひは、体質であるアトピーと違って細菌性なので、抗生物質を飲まないと治らない!んだそうですよ!

アトピーは、何となくその辺一帯が痒くて赤くなるけど、とびひは、汁に含まれる細菌が周りにも飛んで、またブツブツを作る。

なので、基本的に病院に行かないと治らない。


蘇州だと、森茂でも対応してくれるけど、
園区から遠く夕方だったので、星海広場駅の向かいにあるシンガポール系のクリニック「新宁所」(Sing Health Clinic) に行きました。



とっても綺麗なクリニックです。



小さいですが、キッズスペースも。



先生一覧が貼ってあって、経歴を見ると皆シンガポールの大学や病院出身で、何となく安心。

言葉は、中国語と英語、どちらでもOK。
欧米人の患者さんも多いです。

私は基本中国語でしたが、ウイルスとか細菌(バクテリア)とかは英語でね(笑)、もうとにかく通じれば良いんです。メモ帳と電子辞書も一応持って行って、何とかなります!
先生方とっても優しいし(^o^)

本来は予約制だけど、突然行っても診てくれると思います。待つとは思いますが。


そして診察料は高いです。

まず診てもらうだけで、350〜550元かかります。プラス症状によって医療費や薬代など。とびひの時は1000元越えでした。大したことしてないのに。



加入している保険によって、一旦自腹の人もいると思うので要注意です。(うちはウェルビーに入ってなかったので、その場で保険会社に電話して立替なしで処理してもらいました)




で、一つ知ったこと。

中国に「アトピー」という単語はないんだそう。

もちろん学術名はあるんでしょうけど、中国では一般的に、アトピーなどの皮膚の症状を総じて「皮膚病」と言うらしいびっくり 皮膚病って!

阿姨がそう言ってたから、まさか〜と思って医師にも聞いてみたら、そうらしい。医師の一人は、この子元々アトピーあるの?っていう意味で、「孩子有アトピ?」って「アトピー」の所だけ日本語で言われた!
中国にはそういう体質の子ってあまりいないのかな?


結局、とびひは「細菌性皮膚炎」と言われ、抗生物質の飲み薬、消毒液、塗り薬をもらいました。



これを飲んでからは、あんなに酷かった痒みがスーッと引き、続いてブツブツも2〜3日でだいぶ治まりびっくりでした。
早く気付いて行ってあげれば良かったー!



これから汗をかきやすい季節・・・。

あせもを掻き壊してとびひ、などあるかも?  お気をつけ下さいね。


ちなみに、阿姨に言われて妙に納得したこと。

乾燥肌の人は、
とにかく水を飲め。

出た!

中国人は、とにかく温水を飲ませたがる!!


と、思っていたけど、人間は、結局のところ口から飲む水で自分の水分を作っているのだから、いくら外から多少保湿しようとも、自分の身体で水分を作る方が先だ。というような事を言われて、な、納得。

長女、全然お茶を飲まないんだ!!

それからは飲むように言ってるけど、学校に持って行く水筒が全然減ってない。。

そして私も飲まない。。
気付いたら朝からコーヒーしか飲んでない、みたいな。


気を付けます!お茶お茶!


良かったらポチッとお願いします励みになります(*^^*)
 
にほんブログ村 




では、気になるとびひの症状。


本当に酷いので、苦手な方はここで・・・。

「いいね!」要りませんので^^;






ではいきます、




3、




2、




1、











2枚にしときます(^^;)

もちろん今は全然ですが、この後も何度かなり、次女にも少し移りました。

今は、一つでも怪しいのがあると、即バンソウコウ! で飛び移り防止・・・。ブツっとなって汁を持ってたら要注意です。

もうなりませんように。


地域子育て情報 ★告知★